蔵王いこいの里

『忙しい』という幸せ


5月15日の果樹園4日目



5月20日からの春期保護者会初日夕食会の様子



5月21日保護者会2日目の田植え


この他にも山菜採りも佳境ですし、自分達の水田や畑でやる事が毎日山の様にあり、それらも当然疎かにする訳にはいかないので、ボケ~っと引きこもっている暇などいこいの里には全く存在しないのです!


やるべき事が沢山あってクソ忙しい

それって大変は大変ですけど、その正反対の状態から比べれば、どれほど人として幸せで恵まれた事なのかと私は思います。
何もすることがない、何して良いかわからない・・・。そんな緊張感のかけらもない不毛な時間を過ごす事に比べれば、忙しくて気が狂いそうになる方が、この世に人として生を受けた事の充実感を堪能でき、何よりも心が、精神が鍛えられます。打たれ強くなりますよ。もちろん忙しさにも限度はありますが・・・。

里で過ごす寮生達の忙しさなど、大抵の民間企業のサラリーマンの皆様に比べればハナクソみたいなものですけどね。

そういう苦しさ、辛さを経験し乗り越えないと、所詮人は本質的に変わる事は出来ないと思います。一生誰かに依存し自力で生きる必要が無いのであれば構いませんが・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました