蔵王いこいの里

我が子の未来と自分のプライド

5月21日、保護者会田植えの続きです。



今年は概ね天気もよく、気温も終始ポカポカでしたので全く
問題ありませんでした。途中にわか雨もありましたが、すぐに止んで続行。
3年に1回くらいは、とても水を張った水田に足を突っ込んでいられないくらいの寒さに襲われますが、今年は事なきを得て何よりでございました。

毎年の事ですけど、学校組や仕事組寮生の保護者さんなんかは、我が子が今ココにいる訳でもないのにこのイベントにこうして出席して一緒に汗流していますからね~。
色々と都合や事情はそれぞれあるでしょうけども、この様に我が子が居ずともこうして積極的に周囲と歩調を合わせ行動を共にしようとする大人の方は『さすがだなぁ~』と感心させられるだけの日頃からの言動がある訳で、やっぱりそうした姿勢や考え方というのは、自分の子に少なからず影響を与えるものと考えて間違いはないと思います。今回の場合は良い意味で!

ココは本当に色々なご家庭と接しますからね~、しかも学校なんかとは比較にならないくらい濃密に深く突っ込んで詮索しまくりますから・・・。
でもそれが彼らをより早期に、より良い形で巣立たせるための絶対必要条件でもあるのです。

ですから保護者の皆さん、これからウチと関わるかも知れない方々も含めて・・・、

親のプライドを守る為に自分を飾ったり
カッコつけて事実を隠そうとしたり
自分可愛さに伴侶や子供を悪者にしたり
破綻寸前の家族関係を仮面で誤魔化したり・・・・・、

そんな事したってな~んの益もありませんからね~。

自分の親としての、大人としての体裁やプライドをその場限りで保てただけの話。しかしそんなものは本人と生活を共にしている我々には、時間と共に真実がだんだん見えてきてしまうモノですからね、ハッキリ言って無駄です。我々の眼力をナメないで頂きたい!かれこれ何千もの家族や若者を見ていますからね。
それに子供に変化を促し成長させるためには決してプラスには働きません。
しかも後でバツの悪い思いをするのは、そうやってカッコつけて真実を隠し初めから語らなかった保護者の方自身ですよ。

な~んでこの期に及んでまで今更そんなにカッコつける必要があるんですかね~。。。
子供の将来よりも自分のプライドが大事ですか???

そして概ねそうしたご家庭はこちらの提案やアドバイス、又は指示を聞き入れようとしない、実行しない、従来通りの自分の価値観やペースに従って判断、行動する。結果、子供にとってよろしくないバイアスがかかり続け、その子の変化と成長を阻害し続ける・・・。よって子供は同じ失敗をいつまでも繰り返し続ける、つまり成長しない・・・。

初めから自分の落ち度や愚かさや怠慢をも認め、それでも自分なりに必死に生きてきた、子供と向き合ってやってきたならきたで、それをありのまま泣きながらでも良いから全てを隠すことなく真実をさらけ出して経緯を話してくれた方が絶対にその後の子供の成長にとって良い事だらけなんですけどね~。


そうすると親自身の意識や我が子への向き合い方が変わりますから。
大人が変われば子どもも変わりますから。
『自分は変わるつもりはない、だがお前は努力して自分を変えろ』
そんな大人のやっている事って、結局こういう事なんですよ。

カッコつけぇ~から抜け出せないプライドばかり高い親は本当にダメ親が多いです。

まぁもっともそうした自覚すらないケースも多々ありますけど・・・。
そういう大人の意識を変えるのは本当に至難の業です、というか無理ですね、真のワカランチンを変えるのは。我々にも力及ばぬ事は沢山あるのです。特に大人の事となるとね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました