蔵王いこいの里

1月の作業②

日々の活動記録

1月22~24日
ライザスキー場にてスキー大会の旗門審判をしました。
3日間とも、スタッフ・寮生あわせて10名の要請がありました。

朝7時、役員受付所にて。
軽食用にパンと飲み物をいただきました。

受付が済んだら、コースに設置されている防護用ネットの雪を落としたり、
受け持ちの旗門ポールの番号を確認して早めに配置につきました。


受付で配布されたバッグの中に通過記録表が入っていて、選手が通過したあとに
チェックをします。




男子・女子とそれぞれコースが違います。右側コースに、女子選手が滑走中。
3日間の旗門審判では、特にトラブルもなく無事任務を全うすることが出来ました!

翌週、1月30・31日のFIS(国際スキー連盟)の公認蔵王ライザスラローム大会では、
初日は大雪によるバーンコンディション不良のため中止となりましたが、
翌2日目のレースが確実にできるように準備をし、31日のレースは行われました。

2月の旗門審判は、ライザスキー大会で27日予定です。

1月24日
猿倉カップに出場しました。

ライザでの旗門審判終了後、一旦里に戻って当番を終わらせてから、すぐに
猿倉スキー場へ。この強行スケジュールでも、みんなけっこう元気。

タイムスケジュール表を確認してもらっています。

小学5年生と6年生も出場しました。

コースの確認?

競技終了後、みんなで記念写真!

終わって、ホッとしたかな??

結果発表!!

完走出来たのは12人中6人でした…
結果的には残念でしたが、一回もポール練習なしのぶっつけ本番のわりには、
良かったのではないでしょうか。

お楽しみの夕食タイム。

みんな、おつかれさま~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました