蔵王いこいの里

12月の作業②

12月4日
「今年の反省、来年の抱負」書き

作業開始前に、寮生全員に書いてもらいました。

一言で終了の者もいれば、熟考しながら長文を書いた人も。人それぞれですね。
2022年新年号「蔵王だより」に掲載予定です。

伐採予定の土地の下見へ

スタッフの知り合いの方に頼まれて、土地一画のすべての木を伐採することに。
切った木は薪用にしてもいいということで、まず土地の下見に行きました。

けっこうな広さ(10m×80m)とのこと。年内に終わればいいのですが…。

12月5日
伐採作業

昨日の場所をさっそく伐採してきました。
細い木や枝を落とします。

下草は草刈り機で刈っておきます。

太い木は、チェーンソーで。

先は長いですが、地道にやっていきます。

この日は寮生Jくんが卒寮しました。

みんなでお見送り。これからは地元で頑張ってね!

12月6日
伐採作業

軽トラに乗る長さに切ってから、里に運びました。

12月8日
スキー板のワックスがけ

スキーが初めての寮生にワックスがけを指導。

スキー板の滑走面に、ワックスをアイロンで溶かしながら塗っていきます。

ワックスはがしもしました。
これでいつでもスキーが出来ます。

「ライザスキー場」は、12月17日にオープン。
「猿倉スキー場」は、12月24日予定。
もうすぐ始まります!

12月10日
ホイールローダーにチェーン取付

薪作業

伐採した木を薪用にカットしました。

櫻井建設さんが持ってきてくれた木材の釘抜き。
薪ストーブの焚き付け用に廃材は最適です。

伐採したばかりの木は水分が多く含まれていて、
薪として利用できるのは、乾燥が進んだ1~2年後くらいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました