蔵王いこいの里

2001年~2005年卒寮生

03年卒寮 北陸出身男性 26歳で入寮後約1年在籍
2011年夏・本人からのお手紙

 東日本大震災は大丈夫でしたでしょうか??私の地元は大丈夫でした。私は現在、地元で通所の作業所で働いています。仕事の内容は内職で一円単位の仕事をしています。
 もともと人と話をするのが苦手だった私が、某企業に就職。徐々に仕事に行くのが苦痛になりました。
 休みがちになり、部屋に引きこもるようになりました。親とも顔を合わせるのも嫌になりました。でも、親には「仕事に行け」と言われ追い詰められてしまいました。包丁を持ち暴れたところに警察が来て病院へ入院。退院後はいこいの里へ入寮となりました。
 そちらでの生活は、とても勉強しやすい所でした。ラ・フランスの収穫やサクランボ狩り。山菜採りやミズ採り・イワダラや畑仕事など自然も豊かで居心地が良かったと思います。危険物取扱も取得しました。また、スキーのバッヂテスト2級も取得できました。釣りにも行き卓球大会も燃えました。どの作業も行事も新鮮で大切な思い出です。
 いこいの里を卒寮し、地元の役所で臨時職員として1年間働きました。簡単そうに見えた仕事は実は大変できつい仕事でした。大勢の人達と一緒に働くのはやはり苦手で長続きはしませんでしたが、今は引きこもりではなく何とか生活は出来ています。これからも不安なことはたくさんありますが、母親と一緒に頑張っています。また機会があれば、里で作業がしてみたいと思っています。
 岩川先生もお身体を大切にし、また会える事を楽しみにしています。貴重な経験をさせて頂いた1年間、本当にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました