蔵王いこいの里

田んぼ作業

日々の活動記録

6月~7月にかけて、
稲の生長とともに、ヒエなどの雑草も稲以上に大成長…。
雑草とりに追われました。

6月12日

カタカリ11番水田です。

いこいの里で持っている田んぼ数は、16。
合計面積は、1町4反(たん)。
1.4ヘクタールは、ほぼ東京ドームのグラウンドと一緒の大きさ。
その広さを、寮生・スタッフあわせて10名程での草取りは、結構大変なのです。

カタカリ12番
まだ稲の方が大きいですが、細かい雑草がびっしり生えています。

19日

カタカリ10番
田んぼ中央こんもりして見えるところは、雑草密集地帯です…。

みんな行く方向にはちょっとバラつきがありますが、列でやっていきます。

20日

カタカリ6番
雨上がりの晴天の中で田んぼに入ると、思わぬ“敵”が…。
ブヨがたくさん出てきて、少しでも肌が出ていたらすぐに刺されて
血だらけに。唇を刺されて、食事の時にうまく食べれない寮生もいました。

田んぼというより、もはや「平原」のよう…。

少しずつですが、みんな頑張ってやりました。

29日

上野原C水田
稲がだいぶ生長しました。

ずっと中腰で腰痛がひどくなっているのかと思いきや、意外とみんな大丈夫みたいです。
若いということもあり、丈夫でもありということなのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました