蔵王いこいの里

1月の出来事

ご無沙汰しております…。
全国的に寒さが続いていますね。
蔵王もマイナス10℃を下回る日が何度もありました。

1月は、ほぼ除雪とスキーという繰り返しでした。

夜のうちに積もった雪が30㎝以上の日も。



雪の降り方が激しい日は、早めの対処が肝心。

寮生は、屋根の上にあがってどんどん雪を下していきます。

おとした雪は、理事長が運転する除雪用ブルドーザーで、一気に運んでいきます。

今年の降雪量は、昨年に比べてかなり多い。雪の壁がいたるところにあります。

スキーは…というと
この日は、猿倉スキー場での様子。天気が良くて、最高。

スキーに慣れない寮生のため、金原さんがハの字(プルークボーゲン)を
みっちり教えていました。

まだまだ、おぼつかない滑り…。

そのほか、山形ならではの「凍み大根(大根を切って、寒中に凍らせて乾燥させたもの)」作り
にも挑戦しました。

まず、大根に穴を開けてひもを通して…

物干しざおに干して、乾燥したら出来上がり。

煮物にすると味がしみて、美味しい!!

おかみさん主催で、りんご皮むき競走もしました。

剥き方が、個性的すぎる…。

違いは明らかにでるものですね。

経験の差って大きいなと、実感します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました