蔵王いこいの里

『スーパーの男』たち

理事長のひとり言

2週間ほど前の画像で恐縮ですが・・・、

4月下旬から2名ほど地元のスーパーで働き始めまておりました。

田舎の事ですから、それほど無限に就労先がある訳ではありませんが、同じ職場に複数の寮生がお世話になるのはあまりない事。

さらにさらにこのスーパー、既にちょうど1年前からもう一人先輩寮生が働いていました。

かれは先月卒寮し、この仕事を継続しつつ上山市内で独り暮らししております。まぁ別にこの彼を追いかけて仕事を選んだわけではありませんが・・・、でも仲間がいて色々情報を共有できるのは心強いでしょうし何かと便利な事があるのでしょう。
別に仕事先は本人が好きで選び、適応能力的に問題がないのであればどこでも構いません。

それぞれ本人もご家族も色々と苦しさや辛さ、なかなか他人には言えない大変な思いも経験してきましたけどね、ひとまずここまで成長できたことに、我々も含めて嬉しさがこみあげてくるものです。

でもこれは未だ通過点。
これに油断することなく、まずは継続する事。
そして些細な事でいちいち躓かない、へこたれない、心折れない強さを見せて欲しい。
その訓練、経験はいこいの里での生活、多種多様な日常作業で身に付けてきたはず。
今後はその成果を見せる時、「変わった自分・成長した自分」を我々にも親にも見せて認めてもらおう!

一人暮らしの卒寮生君は、食生活に十分気を付けましょう。

その辺も訓練してきたから大丈夫・・・なハズ?

まぁでもこの辺は結局は本人の意識や自制心次第になってしまいますかね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました