蔵王いこいの里

日本人の精神性

フキの皮むき作業の様子。



採ってきたフキを

軽くボイルして
手で皮をむいて
塩漬けにする

この一連の作業の皮むきだけは、正直猫の手も借りたいくらい手間のかかるもの。従って当然ながら作業の中で処理していきます。

作業時間内に終わらなければ、以前は夕食後に夜中までかかってもその日のうちに処理していたんですけどね~。我々の対応も甘くなっているのでしょうかね~。これが時代の変遷であり、社会の要請なんですかね~???

個々の気持ちや事情がどうあれ、集団の中で今やるべき事を最優先とする。古来より日本人の心に脈々と受け継がれてきたこの全体主義的発想は、歪曲歴史教育も相まって、戦後以来『諸悪の根源』のような扱いをされてきてますからね・・・。そんな屈折した自虐的教育の結果が今の我が国の若者達の思考に見事に反映されていると言えるでしょう。
今の若者達は誰もが『集団の都合よりも個人の意志と自由を優先すべき』と当然の様に考え実際にそう行動しているでしょう。若者達というより、団塊世代以降全てなのかも知れませんが・・・。

アメリカ、GHQ、マッカーサーが目論んだ第二世代以降の『日本人堕落計画』は、70年の時を経てこうして見事に完遂に近づきつつあるのです。あぁ情けなや日本人!
ま、今となってはもうどうでもいいと言うか、既にどうにもならないと言うか・・・。

でもこれが不登校、引きこもり、ニートの増加にも、まったく関連がないと言い切れますかね???

『豊かで便利で満たされた環境』の蔓延と共に、自立できない若者が増え続ける原因の一つに、少なからずこうした日本人の精神性の破壊が影響していると思います。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました